ジェンダー法学会

学術大会記録

開催された学術大会の報告テーマと,閲覧・入手可能な報告者のレジュメを掲載いたします。

第15回(2017) 第14回(2016) 第13回(2015)
第12回(2014) 第11回(2013) 第10回(2012) 第9回(2011) 第8回(2010) 第7回(2009)
第6回(2008) 第5回(2007) 第4回(2006) 第3回(2005) 第2回(2004) 第1回(2003)

2017年第15回学術大会の概要

プログラム以外の情報は,履歴情報をご確認ください。

開催概要

(1)日時 2017年12月2日(土)・3日(日)
(2)開催場所:東北学院大学土樋キャンパス・ホーイ記念館(仙台市青葉区、JR「仙台駅」から徒歩約20分、地下鉄南北線「五橋駅」または「愛宕橋駅」から徒歩約5分)

プログラム

2017年12月2日(土)学術大会1日目

9:30-11:30 ワークショップ(WS)
*応募締切は6月30日(金)です*
11:30-13:00 昼食休憩
11:40-12:40 第6期第13回(最終)理事会
13:00-17:00 シンポジウムⅠ「公的年金制度―ジェンダーの視点から」
(企画担当:小島妙子理事・神尾真知子理事)
企画の趣旨 小島妙子(仙台弁護士会)
第1報告 公的年金制度におけるジェンダー格差拡大の法政策と現状  神尾真知子(日本大学)
第2報告 非正規労働者への被用者保険の適用拡大の意義と課題 衣笠葉子(近畿大学)
第3報告 公的年金制度における「被扶養」及び「生計維持」の検討 倉田賀世(熊本大学)
第4報告 公的年金制度におけるジェンダー格差解消政策のあり方 ―公的年金制度の目的とあるべき再分配の模索」 嵩さやか(東北大学)
司会 小島妙子(仙台弁護士会)、増田幸弘(日本女子大学)
17:30- 懇親会

2017年12月3日 (日) 学術大会2日目

9:00-11:00 個別報告
*応募締切は6月30日(金)です*
11:10-11:55 15周年記念講演会
講演 戒能民江(お茶の水女子大学名誉教授・初代ジェンダー法学会理事長)
12:00-12:30 第15回総会(含む・西尾学術奨励賞授賞式)
12:30-13:30 昼食休憩
12:40-13:20 第7期第1回理事会
13:30-17:30 シンポジウムⅡ「LGBTI(性的マイノリティ)の権利保障―差別禁止法/理解促進法の動きと今後の課題」
(企画担当:三成美保理事、谷口洋幸理事)
趣旨説明 三成美保(奈良女子大学)
1.総論――LGBT関連法の現状 谷口洋幸(高岡法科大学)
コメント① 当事者の現状と課題 遠藤まめた(NPO法人「やっぱ愛ダホ!idaho-net」代表)
2.性的指向/LGB―同性パートナーシップ条例の動向 上川あや(東京都世田谷区議)
コメント② H大学ゲイ院生自死事件 南和行(弁護士)――ペーパー参加
3.性自認/トランスジェンダー―性同一性障害者特例法の改正課題 渡邉泰彦(京都産業大学)
コメント③ 経産省トイレ使用事件 永野靖(弁護士)
4.性別承認と医療:WHOらの共同声明を読み解く 東優子(大阪府立大学)
コメント④ 国連のSOGI人権施策 山下梓(弘前大学)
司会:三成美保、二宮周平(立命館大学)
(2017/05/02 更新)