ジェンダー法学会

入会手続きについて

◆入会手続について    ◆会費の振込みについて

ジェンダー法学会入会のお誘い

ジェンダー法学会は、法学をジェンダーの視点からより深く研究すること、研究と実務の架橋をすること、ジェンダー法学に関する教育を開発し深めることを、主たる目的として、2003 年に設立されました。あらゆる法分野・法領域の研究者・実務家が集まり、政治学、社会学、心理学、思想など多面的な研究成果からの刺激を受けつつ、各自の専門領域を超え、学際的にジェンダー法学の課題に取り組んでいます。
入会のお誘い

入会について

入会希望の方は,入会手続きを確認の上,入会申込書に記入し入会申込書を事務局に送付してください。直近の理事会で入会の審査を行います。入会が承認された場合には,事務局からその通知と会費の支払い手続きを通知します。入会申込書は,本ホームページからダウンロードできます。
入会資格
  • ジェンダーと法に関する研究または実務に携わる者
  • 例)大学の教員(非常勤を含む),大学院生,弁護士,司法書士,税理士,公証人,家裁調査官,家事調停委員,自治体職員や民間企業でジェンダーに関わる職務・業務を行っている者,高校の教員で研究業績がある者など。

    なおこの例は,これまで入会が承認された事例です。必要に応じて資格については,理事会で判断しますので,この例に該当しない場合でも,ジェンダーと法に関する研究または実務に携わっていると認められれば,入会できます。

  • 会費を支払って本学会を財政的に支えること
  • 会員2名以上の推薦
  • 誰が会員か不明で推薦が得られにくい場合には,事務局にお問い合わせ下さい。

  • 必要に応じて研究発表,報告をしていただくことが義務として発生します
  • こうした見地から,当面は,学部学生の入会は承認しません。

  • 単に関心があるという段階であれば,学会を聴講して下さい
入会申込書       ダウンロード  PDF版    Word(2003)版

会費の振込みについて

◆振込みでの会費納入について
(1)会員7000円(但し院生,非専任職の場合5000円)
*非専任職会員ですでに7000円お支払いの方についてはこちら
(2)会費の期間 前年11月から当該年10月までです
(3)振込先(下記のどちらかを選んでください)
ア 郵便振替 口座番号 00970-2-246659
口座名称 ジェンダー法学会
イ 銀行振込 京都中央信用金庫 洛西(らくさい)支店 普通口座
口座番号 0488208 口座名義人 ジェンダー法学会
自動振込機利用の場合は,法学会は,「ホウガクカイ」と入れてください。
*なお,この件のお問い合わせは,ジェンダー法学会事務局へお願いします。
FAX 075-465-8294

すでに7000円お支払いの非専任職会員の会費について

非専任職会員の方で,すでに7000円お支払いいただいている方は,差額を次年度以降の会費に充当しますので,各自で残額をご計算の上,その旨,振込用紙にご記入の上,次年度以降の会費をお支払下さい。なお過年度の振込み金額について,ご不明の方は,事務局にお問い合わせ下さい。

【計算例】
●3年間7000円で支払われた方
 差額2000円×3年分=6000円過払い
 →07年度の会費に5000円充当し,08年度の会費は5000-1000円
 =4000円の支払い
●2年間7000円で支払われた方
 差額2000円×2年分=4000円過払い
 →07年度の会費に4000円充当し,07年度の会費は5000-4000円
 =1000円の支払い
●1年間7000円で支払われた方
 差額2000円×1年分=2000円過払い
 →07年度の会費に2000円充当し,07年度の会費は5000-2000円
 =3000円の支払い