ジェンダー法学会

mini News

2016年 2015年  2014年  2013年   2012年   2011年   2010年   2009年  2008年 
 2007年  2006年  2005年  2004年

公開シンポジウム
LGBTIの権利保障ー雇用と労働ー

(1)日時・場所
2016年12月11日(日)13:00~17:30
於:日本学術会議講堂(事前予約不要・入場無料)
チラシのPDFは⇒〔こちら〕
(2)趣旨説明
LGBTIに関する権利保障は、親密関係・教育・労働の三位一体で進められなければならない。雇用・労働をめぐっては、職場でカミングアウトできないため、問題が隠されたままになることが多い。しかし、求職や職場環境等での深刻な人権侵害のケースが報告されている。「個人の尊重」(憲法13 条)に基づき、性的指向・性自認・性に関わる特徴にかかわらず、すべての個人が能力を発揮できる制度や環境を整える必要がある。
(3)プログラム
13:00~13:05 開会挨拶 三成 美保(日本学術会議第一部会員、奈良女子大学副学長)
13:05~13:30 報告1 「LGBTIの権利保障と労働法―総論」
     名古 道功(日本学術会議連携会員、金沢大学人間社会学域法学類教授)
13:30~13:55 報告2 「性的指向・性自認に関する問題と労働法政策の課題」
     内藤 忍(労働政策研究・研修機構副主任研究員)   
13:55~14:20 報告3「LGBTが働きやすい職場づくりへ向けた企業の取り組み」
     村木 真紀(NPO法人虹色ダイバーシティ代表)
14:30~14:55 報告4 「LGBTIの雇用と労働ーILOの政策を中心に」
     木村 愛子(NPO法人ILO活動推進日本協議会[日本ILO協議会]理事長、国際人間環境研究所所長)
14:55~15:20 報告5「LGBTが職場で直面している困難の法的解決に向けて」
     永野 靖(東京弁護士会、LGBT法連合会)
15:20~15:35 コメント1「企業の先進的取り組み」 柳沢 正和(ドイツ証券)
15:35~15:50 コメント2「LGBT若者の就活支援」 薬師 実芳(NPO法人ReBit代表) 
16:00~17:25 総合討論
     (司会)榊原 富士子(日本学術会議連携会員、東京弁護士会)
         國分 典子(日本学術会議連携会員、名古屋大学大学院法学研究科教授)
17:25~17:30 閉会挨拶 二宮 周平(日本学術会議連携会員、立命館大学法学部教授)
  総合司会 長 志珠絵(日本学術会議連携会員、神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
(4)主催・共催
●主催:日本学術会議法学委員会社会と教育におけるLGBTIの権利保障分科会
●共催:日本学術会議法学委員会ジェンダー法分科会、ジェンダー法学会、ジェンダー史学会、科研費基盤研究(A)「ジェンダー視点に立つ『新しい世界史』の構想と『市民教養』と しての構築・発信」(代表:三成美保)
●後援:日本ジェンダー学会
●会場:日本学術会議講堂(東京都):地下鉄千代田線乃木坂駅下車すぐ
●問い合わせ先:kaken-atagi*cc.nara-wu.ac.jp(*を@に変えてご連絡ください)

ジェンダー法学会研究会
アンドリュー・バーンズ教授講演会
女性差別撤廃条約と「女性に対する暴力」

日時:2016年9月8日 (木)17:30開場 18:00開始
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 9号館5階第1会議室
    住所:東京都新宿区西早稲田1-6-1
http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2015/08/waseda-campus-map.pdf

この講演会では、国際法学者であるバーンズ教授(ニューサウスウエールズ大学教授)
をお招きして、国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)における「女性に対する暴力
一般勧告19号」の改訂作業について、その意義と課題についてお話をいただきます。

モデレーター 林 陽子(第二東京弁護士会)
コメンテーター 大谷美紀子(東京弁護士会)

日英逐語通訳あり
入場無料

開催責任者:ジェンダー法学会会員 林 陽子
問い合わせ先:アテナ法律事務所
Tel: 03-5550-3611   Fax: 03-5550-3617

事前申し込みは不要です。

共催:国際女性の地位協会
日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク
ワーキング・ウイメンズ・ネットワーク

【公開シンポジウム】教育におけるLGBTIの権利保障―現状と課題

○日時:2016年5月21日(土)13:00~17:30
○場所:日本学術会議講堂(入場無料・事前予約不要)
○趣旨
  201605LGBTシンポチラシクラスに2~3人はいるはずなのに
  見えなくされているLGBTI(性的指向・性自認・性分化疾患)の子どもたち。
  自殺企図率も高い。
  教育の場(中学~大学)におけるLGBTIの権利保障はどうあるべきか?
  LGBTフレンドリーな大学のランキングを公表しているアメリカからどう学ぶか?
  LGBTI当事者は何を求めているのか?
  医療と教育の連携はどう可能か?
  地域と連携して取り組む中学生たちは何を感じたのか?
  さまざまな立場からアプローチする。
○プログラム
 13:00~13:05 開会挨拶:三成美保(日本学術会議第一部会員、奈良女子大学副学長)
 13:05~13:15 趣旨説明:戒能民江(日本学術会議連携会員、お茶の水女子大学名誉教授)
 13:15~13:40 報告1「アメリカの大学におけるLGBTIの権利保障」
   高橋裕子(日本学術会議連携会員、津田塾大学学長)
 13:40~14:05 報告2「日本の大学におけるLGBTIに関する調査結果」
   隠岐さやか(日本学術会議連携会員、広島大学大学院総合科学研究科准教授)
 14:05~14:30 報告3「LGBTI当事者のケアに向けた学校と医療施設との連携」
   中塚幹也(岡山大学大学院保健学研究科教授、岡山大学ジェンダークリニック医師)
 14:30~14:55 報告4「生徒による取組の紹介ー丹原東中学校の実践から」
   岸田英之(愛媛県西条市立丹原東中学校校長)
 ≪休憩≫
 15:10~15:30 コメント1「性同一性障害や性的指向・性自認に係る、
         児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について」
   水之浦聡(文部科学省初等中等教育局児童生徒課指導調査係長)
 15:30~15:45 コメント2「自治体行政の総合的視点から
         ー教員採用試験適性検査の見直しの必要性を中心に」
   岩本健良(金沢大学人文学類准教授)
 15:45~16:00 コメント3 「多様な性をもつ子どもについて考える立場から」
   藥師実芳(NPO法人ReBit代表理事)
 16:00~16:15 コメント4「教育方法論の立場から」
   渡辺大輔(埼玉大学基盤教育研究センター准教授)
 16:15~17:25 総合討論
 司会:戒能民江(日本学術会議連携会員、お茶の水女子大学名誉教授)
    紙谷雅子(日本学術会議連携会員、学習院大学法学部教授)
 17:25~17:30 閉会挨拶:二宮周平(日本学術会議連携会員、立命館大学法学部教授)
 総合司会:長志珠絵(日本学術会議連携会員、神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
○主催・共催
主催:日本学術会議法学委員会「社会と教育におけるLGBTIの権利保障」分科会
共催:ジェンダー法学会・日本ジェンダー学会・ジェンダー史学会
   科研費基盤研究(A)「ジェンダー視点に立つ『新しい世界史』の構想と
   『市民教養』としての 構築・発信」(代表:三成美保)
○会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22ー34):地下鉄千代田線乃木坂駅下車すぐ
○連絡先:kaken-Atagi●cc.nara-wu.ac.jp(●を@に変えてご連絡ください)