ジェンダー法学会


第9回西尾学術奨励賞授賞作品の発表

西尾学術奨励賞選考委員会 委員長 廣渡清吾
 西尾学術奨励賞選考委員会の選考に基づき、理事会は下記の作品に第9回西尾学術奨励賞を授与することを決定いたしましたので、ご報告申し上げます。
 西尾学術奨励賞は、ジェンダーと法分野の若手研究者・実務家の研究を奨励するために、ジェンダーと法に関して優れた研究を行った若手研究者・実務家に対して、与えられる賞です。
 2016年12月4日(日)の昼に開催予定の第14回総会におきまして、賞状と賞金10万円の授与式が行われます。
【授賞作品】
高良沙哉著『「慰安婦」問題と戦時性暴力――軍隊による性暴力の責任を問う』(法律文化社、2015年)
西尾学術奨励賞については「こちら」をご確認ください。
(2016/08/01 更新)

ジェンダー法学会編『講座ジェンダーと法』全4巻発刊のお知らせ

 第10周年記念大会にあわせてジェンダー法学会編「講座ジェンダーと法」全4巻(日本加除出版)を発刊いたしました。
 ジェンダー法学会の総力を挙げて取り組んだ出版企画です。
 なお、この講座の印税は、ジェンダー法学会の活動資金および西尾学術奨励賞運営の原資金として活用されます。皆様、ぜひお買い求めください。
 ・講座編集委員長浅倉むつ子理事によるこの講座の紹介はこちらです。→【こちら】
 ・講座の案内および購入申込書のpdfファイルはこちらです。→【こちら】
(2012/12/21 更新)

会員の皆様へ

 先日12月6日に開催されましたジェンダー法学会第7回総会におきまして、会の活性化と会員相互の研究交流をさらに促進するための「ジェンダー法学会研究会補助金規程」および、学会規約8条2項「2会費を滞納した者は、理事会の定めるところにより、退会したものとみなすことができる。」に対応した「ジェンダー法学会・会費滞納者の退会みなし規程」が制定されました。
 前者につきましては、補助金申請の手続きや予算執行について定めた「ジェンダー法学会研究会補助金規程の運用に関する理事会申し合わせ」を合わせて理事会の承認のもとに定めました。
 また「退会みなし規程」につきましては、周知期間を置く意味で、発効は2010年12月1日としてあります。

 以上の2つの規程、申し合わせにつきましては、学会HPの左側サイドバー「学会規約・役員など」をクリックすると、閲覧できますので、ご参照ください。
 
 なお、11月に会員の皆様へ送付しました大会プログラムに添付しました2010年度の会費納入のお願い文書に、会費金額が記されていませんでした。
そのため納入金額がわからなかった会員が相当数おられるようで、失礼いたしました。
 年会費は、入会申込書や毎回の学会便りに記載の通り、7000円です(賛助団体会員は2万円)。ただし、大学院生会員やパートタイムでの臨時雇用等の非専任職の方は、5000円ということになっていますので、よろしくお願いいたします。

ジェンダー法学会事務局長 松本克美

ジェンダー法学会「ハラスメント防止宣言」「ハラスメント防止委員会規程」

  2008年度総会で承認されました、ジェンダー法学会「ハラスメント防止宣言」と「ハラスメント防止委員会規程」をUPします。
  なお、ハラスメント防止委員会委員には、浅倉理事長より次の委員が任命されました。
  棚村理事(委員長)・戒能理事(副委員長)・犬伏理事・榊原理事・広渡理事
「ハラスメント防止委員会規程」および「ハラスメント防止宣言」⇒学会規約などのページ

mini News コーナー掲載募集について

mini News コーナーで は、会員執筆の新刊論文や著書等を紹介したり、最新重要判決についての会員のミニコメント、立法動向等を紹介しています。掲載ご希望の方は、掲載希望内容 を事務局までお送り下さい(宛先:Fax番号075-465-8294、または会員用「ジェンダー法学会だより」の末尾でお知らせしている事務局のE- mailアドレス)。なお、本ホームページ委員会で検討の上、内容・形式上掲載を見合わさせていただくこともありますので、ご了承下さい。

「会員からのおたより」欄について

  会員の皆さんが相互に情報交換,交流できるように「会員からのおたより」欄を設置しています。学会への意見はもちろん,その他の情報を積極的にお寄せ下さい。投稿する場合は,学会事務局のFAX(075-465-8294),または会員用「ジェンダー法学会だより」の末尾でお知らせしている事務局のE-mailアドレスにお願いいたします。